Bacardi Rum Do What Moves You Brand website

ROLE

Strategy
Art direction
UX/UI
Website development
Visual creation
Copywriting

OVERVIEW

Bacardi Rum, the world's #1* rum brand, enlisted the help of Y+L Projects to assist with the Japanese launch of their new global campaign, "Do What Moves You". The campaign is built around the concept of encouraging uniqueness and inclusivity and celebrating those who follow their truth.

We were asked to launch Bacardi Rum's first brand website in Japan to bring this idea to the digital space.

Since before the pandemic, Bacardi Rum has been actively conducting offline events and digital initiatives. However, during the pandemic, the demand for complex cocktails, like the brand's much-loved Bacardi-based mojito, decreased as more people opted to drink at home.

Bacardi Japan wanted to promote rum-based cocktails that were simple enough to make at home, inspiring and empowering people to express themselves. The signature cocktail the brand wanted to promote was the rum highball, celebrating the rich highball culture in Japan.

This website production aimed to raise the attractiveness and grade of the Bacardi brand. To increase the appeal of rum highballs in Japan, where the culture of whiskey highballs is strong.

Utilizing global and original assets, we developed the strategy, graphics, and copy, emphasizing how to express the brand's message, “Do What Moves You”
バーテンダーから絶大な信頼を得ている世界No.1*ラム、Bacardi Rum。
ブランドのテーマである「DO WHAT MOVES YOU (らしく、いこう)」には、「自分らしさ、心を突き動かす」という想いが込められています。その想いをデジタル上で体現すべく、弊社にバカルディラムの日本で初めてとなるブランドサイトのローンチをご依頼いただきました。

バカルディラムはパンデミック前から積極的にオフラインイベントやデジタル施策を行ってきたブランドです。しかしコロナが蔓延したことにより、バーやクラブでオーダーされていた売れ筋カクテルであるモヒートが大打撃を受けました。家飲み需要は増えたもの、作るのに時間を要するモヒートを家で嗜む需要も減ったことが原因でした。バカルディジャパンは、ブランドのテーマである「DO WHAT MOVES YOU (らしくいこう)」を軸に、シンプルだからこそ一番ラムの美味しさが伝わり、それ飲む人々が自分らしくいれるカクテルをプロモートしていきたいと考えていました。そこで推しのカクテルを、ラムハイボールとし、方向転換を行っていくべくデジタルでその魅了を存分に発揮したいと考えていたのです。ハイボール文化が強い日本でのラムハイボールのキービジュアルがなかったため、弊社にて制作し、グローバルのアセットとミックスすることでローカライズを体現しています。

今回のサイト制作では、バカルディラムのブランドの魅力とグレードを引き上げること。ウイスキーハイボールの文化が強い日本において、ラムハイボールの魅力を高めること。バカルディラムのタグラインである「らしく、いこう」というテーマにおいて、この世界観をいかに表現できるかを大切にしながら戦略立案、グラフィック開発、コピー開発を行いました。

Bringing the energy of the bar to the digital space

Showcasing the best of what Bacardi has to offer through inventive cocktail concepts, engaging copy, striking visuals and inspiring UI/UX カクテルコンセプト、魅力的なコピー、印象的なビジュアル、刺激的なUI/UXを通じて、バカルディラムの魅力を引き上げる。

TEAM

Account director, direction: Yoichiro Tamada
Producer: Genta Sawabe (Konel inc)
Copywriter: Yasui Ichiro (Freelance)
UX/UI design: Hiroki Shindo (SOPHIE.STUDIO)
Digital development: Kondo Masatsugu (SOPHIE.STUDIO)

AWARDS & RECOGNITION

CSS Design Awards: Special Kudos Awards, Best UI, Best UX, Best Innovation

TIMELINE

2022

Chanel’s “No. 5 the Film” is the most expensive commercial ever made ($33 million).
please download and visit by chrome